平畳店【HOME】
会社概要
畳に関する基本規格
畳の構造
畳の性能
畳の品質と価格表
畳 Q&A
お問い合わせ
平畳店【HOME】
畳のことなら、岩手・金ヶ崎の平畳店
会社概要
平畳店-TOPお問い合わせ
畳の構造畳の性能
基本規格畳Q&A
 
『有限会社 平畳店』のホームページへ ようこそ!   に関するあれこれ、どうぞごゆっくりご覧ください。
 
□■心地よい畳の生活へ・・・

岩手・金ヶ崎の平畳店のホームページをご覧頂き、有難うございます。
このサイトは、日本古来から使われてきた床材「畳」の素晴らしさを知って頂くために開設しました。
わが国の生活文化の一端を担ってきた「畳」・・・。知っていそうで知らなかった畳の全てを是非ご覧下さい。


 
□■畳の歴史

日本ならではの敷「畳」が貿族階級から庸民へと普及するまで。

中国伝来のものが多いなかで、畳は日本固有の敷物。
その歴史は「菅畳八重」「皮畳八重」などの記述がある古事記にまでさかのぼります。まだ畳床などはなく、コモなどの敷物を重ねたものと推測されます。
現在の畳に似た構造になったのは平安時代。板敷に座具や寝具として置くという使い方で、使う人の身分によって畳の厚さやへりの柄・色が異なりました。
鎌倉時代から室町時代にかけ、書院造が生まれて、部屋全体に畳を敷きつめる使い方に発展しました。
それまでは高貴な人や客人のもてなしのためのものでしたが、建物の床材として利用されるようになったのです。しかしそうした使い方も貴族や武士の富の象徴。桃山時代さらに江戸時代に至るなかで、数寄屋造や茶道が発展して普及し、徐々に町人の家にも畳が敷かれるようになりました。それでも身分による畳の制限の風習は残り、庶民が使用できるようになったのは江戸時代中期以降。畳師・畳屋と呼ばれる人々が活躍し、畳干しする家々の光景があちこちで見られるようになりました。
 
□■心地よい畳の生活へ・・・

・えっ!?畳を作るのに『規格』があるの?・・・go to「畳に関する基本規格

・畳って、中身はどうなっているの?・・・go to「畳の構造

・畳はどこがどう良いんですか?・・・go to「畳の性能

・畳のこと、もっと教えて!・・・go to「畳Q&A

・畳は誰に問い合わせれば良いですか?・・・go to お問い合わせページ
 
□■インフォメーション

・岩手の畳や平畳店に関するお問い合わせは、コチラ ⇒ 0197-42-3213 (お客様専用デスク)まで!
 
岩手・金ヶ崎の平畳店 いわてNET 平畳店 - TOP に投票する
 

Copyright 2003-2006 ©有限会社平畳店 Taira-Tatamiten. All Rights Reserved.